スタッフブログ

福島を視察してきました

 

当社は、2011年3月11日に発生した東日本大震災をきっかけに、ソーラー発電事業部をつくりました。

ソーラー事業部は、福島に社会貢献をするために仕事をする、という思いが強いのです。

愛知県で営農型発電所を進めておりますが、同じような仕事を福島でも展開したいと考えています。

しかし、福島の現状を知らなくては何も始まりません。

そこで,6月と7月に、福島県に現状を視察するために出張してきました。

6月は、福島県内で営農型太陽光発電にチャレンジしている現場視察。(主として、いわき市と南相馬市)

7月は、いわき市から双葉郡(広野町、富岡町、楢葉町など)の現状視察。

2回とも現地に詳しい専門家が案内してくれましたので非常に内容の濃い福島出張ができました。

マスコミの報道で知る福島と、現地で体感する福島はかなり違いました。

いわき市内は復興のために働く作業員で溢れており、元気な福島、という印象をもちました。

これからも福島に通って、現地の人々と交流していきたいと思っています。

津波で被災した富岡駅↓

廃棄物の仮置き場(ある中学校の敷地内)↓

除染作業で出た放射性物質の仮置き場は増えています↓

   
© Gthecno Co.,Ltd. All Rights Reserved.