スタッフブログ ー 日記

江の島ビーチハウススイッチにトイレ設置

Gテクノの森です。
先日、片瀬東浜海岸で建設中の海の家「ビーチハウススイッチ」にサラオSⅠ型を二台設置しました。
海岸は夏の海開きに向けて、何軒もの海の家が建てられている真っ最中です。
この海岸は2014年度の工事によって、日本で初めて
上下水道・電気などのインフラが整備された海岸になりました。
そのため写真のように砂浜の中から給水管・排水管が出ています。
工事のおかげで海岸近隣の臨時トイレも、汲み取り式から水洗式になったそうです。
その恩恵にあずかり今回サラオも、本体だけのすっきりとした形でご利用いただくことになりました。

海開きは7月1日です。
夏の江の島に行かれた際には、ぜひサラオを探してみてください。

神奈川県の観光農園 トイレ設置

Gテクノの森です。
神奈川県の観光農園にサラオⅠ型を販売、設置しました。
こちらはブルーベリーの摘み取り体験ができるそうで、
来場者用のきれいなトイレを、とのことでした。


上水は管をのばしてもらってサラオと接続し、
下水はタンクと接続して貯められるようにしました。
強風対策としてアンカーも設置しました。

高浜市ダブルイー㈱様トイレ設置

Gテクノの森です。
高浜市のダブルイー㈱様にサラオSⅠ型を設置しました。
今までは従来の仮設トイレを使っていたそうですが、今回サラオをご購入くださいました。


こちらは下水設備がないところでしたので、
汚水はタンクへ貯留するように設置しました。
上水は既設設備に接続しました。
ご購入という事で長くご使用いただくので、
サラオの足元をあと施工アンカーで固定しました。

 

カープール トイレ設置

Gテクノの森です。
先日はとあるカープールにサラオSⅠ型を設置しました。
たくさんの方がご利用になる現場ではありますが、
設置後に再度訪問した際もまるで新品同様で、
丁寧・清潔にご利用いただいていました。

こちらでは従来のサラオ設置とは異なり、
床下で上下水に接続しました。
通常のサラオですと汚水は
トイレ内の圧送ポンプで粉砕し汚水タンクに貯留します。
ここでは使用人数が多く
近くに上下水管がありましたので、
設置場所まで延ばしていただき、直接接続しました。
これにより汲み取りも給水も不要になり、
タンクの容量を気にする必要はなくなります。
汲み取り費も不要ですし、詰まる可能性も少なくなります。

福島を視察してきました

当社は、2011年3月11日に発生した東日本大震災をきっかけに、ソーラー発電事業部をつくりました。

ソーラー事業部は、福島に社会貢献をするために仕事をする、という思いが強いのです。

愛知県で営農型発電所を進めておりますが、同じような仕事を福島でも展開したいと考えています。

しかし、福島の現状を知らなくては何も始まりません。

そこで,6月と7月に、福島県に現状を視察するために出張してきました。

6月は、福島県内で営農型太陽光発電にチャレンジしている現場視察。(主として、いわき市と南相馬市)

7月は、いわき市から双葉郡(広野町、富岡町、楢葉町など)の現状視察。

2回とも現地に詳しい専門家が案内してくれましたので非常に内容の濃い福島出張ができました。

マスコミの報道で知る福島と、現地で体感する福島はかなり違いました。

いわき市内は復興のために働く作業員で溢れており、元気な福島、という印象をもちました。

これからも福島に通って、現地の人々と交流していきたいと思っています。

津波で被災した富岡駅↓

廃棄物の仮置き場(ある中学校の敷地内)↓

除染作業で出た放射性物質の仮置き場は増えています↓

© Gthecno Co.,Ltd. All Rights Reserved.